親子英語・子ども英会話から一般英会話まで、ネイティブの講師と学べる英会話教室in加東市上滝野

学習法の特徴について

Takino English Schoolの学習法の特徴       

1.フォニックスの取得に重点をおいた学習方法    

たきの英会話スクールは、フォニックスの習得に力を入れています。
なぜフォニックスに重点をおくのか、それは下記の理由からです。
英単語は少なくとも50万語あるとされています。そして私たちがリーディングを教える際には『暗記をさせるか』もしくは『フォニックスを教えるか』の2つの選択肢があります。
フォニックスを学ぶということは、アルファベットの各文字がもつ音、または2つ以上のアルファベットの組み合わせからできる音を理解することであり、リーディングの基礎力をつけることができます。
一度、26文字のアルファベットが持つ44の音と、組み合わせて出来る音のうち、一般的な70の音を習得してしまえば、初めて見る単語でも読むことが可能になります。
フォニックスは暗記に頼ることなく、あらゆる単語を読むために必要な「ツール」なのです。当校ではできる限り効率的に、そしてストレスなく学習するために、その「ツール」の取得を手助けします。学習するために必要な「ツール」を取得することなく、言語を学ぶというのとても大変なことです。もしあなたがリーディングに苦手意識を持っているのであれば、それは読むための適切な「ツール」を持っていないからです。
そして単語を理解できない限り、全体が何について書かれてあるのか理解することができません。さらに全体が分からないと、イライラしたり、自信をなくしたり、モチベーションが下がることになります。子どもたちは、英語学習に対してネガティブな気持ちになりかねません子どもたちがフォニックスを学び、単語を理解するための必要なツールを取得できれば、英文を読解することができるようになります。それは、英語学習においての不安の減少、理解力が向上につながるので、自信を持つことができるでしょう。結果的に『読むために学ぶ』ことから『学ぶために読む』ことにシフトチェンジすることができます。

 

2.一人一人の子どもに合わせた学習方法                 

子どもたちは、一人一人違った学習スタイルを持っています。たきの英会話スクールはそれぞれの生徒に合った学習方法を尊重します。
子どもたちを主体とした学習方法を基本として、彼らの具体的なニーズを考慮しながら当校のカリキュラムを組んでいきます。
それぞれに合わせた学習方法をとることで、より効果的に学ぶことができるうえ、英語学習を長く続けることができるでしょう。
子どもたちは視覚、聴覚、運動感覚のいずれかに重点をおいた学習スタイルを持っています。

【 視 覚 】

視覚に重点をおく子どもたちは、見て学習すると効率的です。絵、図表、動画、イラストのあるテキストから学ぶのが良く、見たことを詳細に覚えている上、理解するのが得意です。

【 聴 覚 】

聴覚に重点をおく子どもたちは、聞くことから学びます。声に出して読んだり、話したりするのを好みます。
また、新しいことを学ぶ時にはチャンツやリズムをつくりだします。
彼らは大きな声で話すことで暗記したり、紙面に書かれていることよりも、直接言葉で聴く方が良いでしょう。また勉強のために音楽を聴くのも良いです。

【 運動感覚 】

実際に身体を動かしながら学ぶのが効率的なお子様もいるでしょう。
習っていることを実際に口に出して、アクティブに学ぶことを好みます。
動いたり、聴いたり話したりするのが好きで、積極的に参加します。
どの学習スタイルが、あなたのお子様に当てはまるでしょうか?
当スクールはそれを見極め、楽しく、効果的な学習方法で教える事に注力しています。

子どもたちにとって英語を学ぶということは、とってもエキサイティングであり、家族みんなの楽しみになり得るのです!

体験レッスンのお申込み・お問合せ TEL 0795-20-7301 受付時間 10:00〜20:00

PAGETOP
Copyright © たきの英会話スクール All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.